「年の差婚」に対して年下女性が感じるメリット

最近よく耳にする「年の差婚」。男性のほうがひと回り以上も年上だと女性が周囲の反対を受けやすく、結婚までの道のりはなかなか大変な様子。

しかし実際に結婚してみると、「年の差があることで感じるメリット」も多いようです。そこで今回は年の差結婚をした女性たちに「年の差婚だからこそ享受できたメリット」を聞いてみました。

年の差婚のメリット1:わがままを聞いてもらえる

「彼が大人なので、たいていのわがままは許してくれる。けんかになることはほとんどなく、穏やかな時間を過ごせること」

同世代の男性と精神的に幼く余裕がないため、女性のわがままを受け入れられず、衝突してしまうこともしばしば。ですが、ひと回り以上も年が離れていると、器の広さが違います。素直に甘えてくる女性が愛おしくみえてくるようです。

年の差婚のメリット2:頼りがいがある

「転職しようか悩んでいたとき、主人が親身に相談に乗ってくれました。いろんな経験をしている分、いつでも頼りになる存在です」

同世代男子の場合、同じような悩みを抱えることが多いため、アドバイザーとしては頼りなさを感じることが多いもの。その点、社会人経験が長く、物知りな年上男子は、仕事や人間関係のことで悩んだときも、多角的な観点から物事を見て、適切なアドバイスをしてくれることが多いようです。

年の差婚のメリット3:経済力がある

「同世代より年収が高いところ。経済的に余裕がある分、結婚後も安心して子どもを授かることができました」

同世代男子との結婚すると、いざ子どもが欲しいと思っても「彼の収入だけで暮らしていけるだろうか」と不安になる女性は少なくありません。ひと回り以上年齢が離れていると、高収入でそれなりに蓄えをしていることが多いため、将来設計を立てやすいのだとか。

年の差婚のメリット4:いつまでも『若い奥さん』でいられる

「私が40歳のおばさんになったとき、彼は55歳。彼からみればずっと若い奥さんでいられるから、浮気の心配がなさそう」

男性に比べて女性は皮膚が薄くキメが細かいため、老化が顔に出やすいと言われています。どんなにお肌のお手入れに気を配っても30代後半にもなれば、劣化が避けられません。童顔な同世代男子と結婚すると、いくつになっても見た目年齢が変わらない彼に負い目を感じるときがくるでしょう。その点、年上男性と結婚すれば、あなたがおばさんになったとき、彼はおじいさん。彼にとってはずっと若い奥さんなので、自信喪失することもありません。

年の差婚のメリット5:彼が若々しくいてくれる

「彼の年齢は45歳ですが、見た目は30歳ぐらい。私と並んで歩いても恥ずかしくないようにダイエットやおしゃれに努力をしてくれるんです」

年の差カップルというと、男性のほうがくたびれた見た目をしていて、財産狙いの不倫カップル(?!)と白い目で見られていたのは、もう過去の話。

最近の年の差カップルは、年齢の差をほとんど感じさせないほど、年上男性が若々しく魅力的なのです。女性のために若さを保つ努力をしてくれるところもうれしいですよね。

年の差婚のメリット6:意外と嫁姑問題が少ない

「我が家は嫁姑問題とは無縁です。彼の家族はみんな結婚を祝福してくれて、彼の実家へ遊びに行くといつもとても優しくしてもらえます」

結婚をするときに気になるのが彼のお母さんとうまく付き合っていけるかどうか。自分の息子を愛しすぎるあまり、お嫁さんに嫉妬して意地悪をしてくるお姑さんも少なくないようです。

その点、年の差婚の場合は、彼のご両親が息子の晩婚を心配しているおり、結婚をすると「うちの息子のところに来てくれてありがとう」と感謝されることが多いようです。

年の差婚は女性の幸福度が高い

周りに心配されがちな年の差婚ですが、年上男性と結婚をした女性たちは意外にも現状の生活やパートナーとの関係に満足している方が多いようです。

婚活市場においても「若さ」は最大の武器です。年齢という条件と取り払えば、自分の理想にあったパートナーに巡り合えるかもしれません。もはや一般人の間でも珍しくなくなりつつある「年の差婚」。選択肢のひとつとして考えてみるのもありかもしれません。