年の差カップル必見!年上の彼とデートする時の愛され服ポイント4つ

好きな人との楽しいデート。相手が年上であれば、「彼にあわせてオトナっぽい服を着るべきか」「若さをアピールするべきか」正解が分からずに悩むものですよね。

お付き合いが長い年の差カップルであれば気兼ねなく、自分の好きな洋服を着ることもできるでしょうが、まだまだ気心知れていない間柄だと、迷いすぎて鏡の前で長い時間、自分とにらめっこしている女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、片思い中の年上の彼とデートするときに愛される服装のポイントをまとめてみました。

年上男性に愛されるデート服1:TPOにあったコーディネート

同世代のカップルであれば、テレビやSNSで話題になっているお店をリサーチして足を運ぶなんてことが多いですよね。お互いに収入や貯金額も同じぐらいであることが多いので、背伸びせずに自分たちの身の丈にあったデートを楽しむことが多いと思います。

しかし相手が自分よりも一回り以上年の離れた男性となったら話は別。年上の彼は経済的にも余裕があり、社会人経験も長いため、それなりにいろんなお店を知っていることが多いです。

普段は飾らないお店へ行くことが多い彼でも、いざ若い女性とデートとなれば、自分のメンツもかけてきっとおしゃれなお店を予約してくれることでしょう。

高級レストランやホテルのラウンジなど落ち着いた雰囲気のお店でお食事デート……となったときにカジュアルなジーンズ+ぺたんこ靴では、浮いてしまうものですよね。

できれば事前にどこのお店に行くか聞いて、TPOにあわせた服装選びをできるといいですが、お店の情報まで聞き出せない場合には、きれいめのワンピースにヒールのあるパンプスなど、清楚感のあるコーディネートで出かけるのが無難です。

年上男性に愛されるデート服2:背伸びしすぎない

年上の彼にあわせたお店や洋服選びではどうしても気疲れしてしまうもの。楽しいはずのデートが気を張りすぎて、家に帰ってくるたびにぐったり……ではお付き合いも先が思いやられます。

2~3回ほどデートを重ねて「彼とは気が合うな」と思ったら、今度は自分からデートプランを提案してみて。その際は、カフェ巡り、カラオケ、ボーリングなど、あえて自分の世代ならではの背伸びしないデートを楽しむといいでしょう。

普段、若い子とデートする機会の少ない彼は戸惑うこともあるかもしれませんが、世代の違いが味わえるのも年の差恋愛の醍醐味。あなたのほうからデートプランを提案するときは、洋服も背伸びしすぎずにカジュアルにまとめていきましょう。

いつもとは違う雰囲気を仕掛ければ、「もっと深く知りたい」と彼の興味を惹きつけることができますよ。

年上男性に愛されるデート服3:ちょっと肌見せで女を意識させる

年の差恋愛をしている女性のお悩みといえば、「年上の彼に妹扱いされてしまうこと」。年齢が一回り以上離れていると、最初はなかなか恋愛に発展しずらく、「かわいい妹(…というより娘?)」というポジションから抜け出せないことも多いようです。

その場合は、ファッションで攻めてみましょう。精神的に落ち着いた彼でも、中身は男です。「肌見せコーデ」で色気をアピールすれば、普段は子どもっぽく見られがちな女性でも“オンナ”を意識させることができるでしょう。

ただしやりすぎは禁物。若い男性は「谷間ポロリ」や「すらりと伸びた生足」に心奪われるものですが、一般的に男性は年齢があがってくると、「見えないもの」に色気を感じるようになります。

ぴたっとしたタートルワンピで肌の露出はおさえながらも、ボディラインを強調したり、足首や鎖骨など部分的に肌見せをしたりして、色気をアピールしてみて。

年上男性に愛されるデート服4:自分らしい服装で勝負!

年上の彼とのデートは、「オトナっぽい服を着るべき」なのか、「若さを前面に押し出した服で勝負すべき」なのか、迷う女性も多いでしょう。

彼が若々しいタイプならまだしも、それなりに落ち着いた大人の雰囲気を醸し出すタイプならば、「彼の隣に歩いていても恥ずかしくないように……」と気を遣ってしまうものですよね。

でも最終的には、自分の好きな洋服で勝負するのがイチバンです。彼の気を惹くことを意識しすぎてしまうと、どこかでエンジンが尽きてしまうもの。「今日の服、微妙だったかも」とデート中に浮かない顔をしているほうがかえってふたりの関係を冷ましてしまいます。

それに「私はこれが好き!」と自分を貫くぐらいの気持ちで、洋服選びをしたほうが年上の男性からみえても「まだ若いのに、自分らしさを大切にしていて、周りに流されない芯のある子だな」と好印象に映ることが多いです。

デートのときは誰でも「かわいい」と思われたいのが女心。年上の彼に愛されるコーデは……と考えすぎるとなかなか正解が分からなくなるもの。

何を着ていくか迷って、寝不足になってしまった…なんてことにならないように、デート当日の天候やTPOにあわせた洋服を前日までには決めておきたいものですね。